添乗員の仕事

歩けど歩けど…

添乗員の仕事

最近は、絶対的に運動不足なので歩くことを心掛けている。

太陽を浴びながら歩いていると、気持ちも上向きになるし。

堤防沿いを歩いていると、けっこうな人達と行き交います。

みんな、せめてものお散歩、ジョギングに精を出しているんですね。

今回は、『歩く』


添乗員はよく歩く職業です。

どれくらい歩くかというと、移動日で空港内しか歩いていないなぁ、という日でも1万歩くらいは歩いています。

ヨーロッパの街は、いま街並み保存や環境問題で観光バスが街に入れないという場所がとても多いです。

午前中半日観光=専用バス利用=と書いてあっても、ホテルからバスに乗り街の駐車できるところで降りたら最後、観光が終わるまでバスに戻らないってこともざらにあります。

そんなに歩けない人はどうしたらいいのか?

  1. バスで待機
  2. タクシーを利用
  3. 頑張って歩く

ぐらいしか方法がない。

歩くって聞いてたけど、こんなに歩くと思わなかったという意見もよく聞く。

歩数にして、2万歩超えは当たり前。時には3万歩なんてこともある。

ちなみに一歩を70mとすると、1万歩は7Km。けっこうな距離になります。

よく「目指せ!一日1万歩」なんて言いますが、なかなかの距離です。

これの距離を観光しながら、立ち止まり、写真を撮り、移動して、たまに階段や坂道を上り下りしながら歩いていくので、慣れてない人が『もう、歩けない!』と音を上げることがあっても仕方ないことだと思います。

  • フィレンツェ ゼッカからシニョーリア広場 1.3Km 20分
  • プラハSS 城~橋~旧市街~駅 4Km ぶらぶらしながら3時間 + フリータイム
  • チェスキーの駐車場から展望台 片道1Km 15分
  • ザルツブルグ パリスロンドンで降りてミラベル~モーツアルト~ペーター~パリスロンドン 4Km 1時間+フリータイム歩き
  • ミュンヘンのバス停めることからマリエン広場 500m 10分
  • ノイシュバンシュタイン城を歩いて登ったら1.7Km 25分 上り坂
  • アムステルダム オークラから中央駅 4Km 1時間

書き出したらキリがない。スペインだって歩くし.…

添乗員
添乗員

ドイツのロマンティック街道で立ち寄る小さい街も基本全部歩きますが、歩く距離はそんなに多くない。(私たちからすれば)

そして、これは、あくまでもGoogle Mapの距離と所要時間。

実際は、ガイドさんの話を聞きながら観光をしていくので、歩いている時間はもっとうんと長いです。(座れる場所も時にない)

バス降りて、観光箇所にいくまで素敵な通りを歩いていくならまだ間が持ちますが、場所に寄っては、見るものもなにもなくただ目的地までひたすら歩くという場合もあります。

ツアーの人数によっては、お客さんの同意を得て市バスを使っちゃうこともありますね。(30-40人の団体では使いません、迷惑だから)


なんで、バス規制が始まったかということについては調べればいくらでも出てきますので頑張って調べてください。

参考になる本を1冊 『ボローニャ紀行』 井上やすし著

いい本だと思います。


最近は、ツアーパンフレットに歩く度数が書いてあったりしますが、ヨーロッパツアーは『よく歩く』と心づもりしていた方が良いです。

ドレスコードのあるレストランを利用することのないツアーが多くなっているので、足もとは深く考えずに歩きやすさ優先で靴を選んだ方がいいです。

添乗員
添乗員

「歩きやすい靴を!」と事前案内でお願いしても、「これが慣れてますから」といってヒールのある靴を履いてくる女性がけっこうな数います。本人が慣れているという以上私たちはなにも言えないです。

フリータイムや自由食のあるツアーなら革靴を準備しておいた方がいいと思います。


今日の歌は、もちろん! 斎藤和義『歩いて帰ろう』

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました