国別情報

シンガポール

国別情報

なにがそんなに人気なの?

と聞かれてコレという返事が見つからない街かもしれない。

マーライオンを見るためだけに行く人は稀だと思うし

でも、行くと楽しいことは間違いない。

なにげにプライベートでも10回近く行ってるかな?

なんでだろう?

そんなシンガポールの話

たばこは持ち込めません!

正確には、紙タバコは、1本から課税対象です。

電子タバコは国として禁止されているので、没収です。

機内持込と国への持込(電子タバコ)

電子タバコは、アジアの多くの国でまだ許可が出ていません。シンガポールもそのうちの一つです。じゃなんでシンガポール航空の荷物ルールの中に、「電子タバコは手荷物でのみ持ち込み許可」と書かれているのか?

乗り継いで電子タバコが許可されている国を目的地にしてる場合を想定しているからです。

もしかしたら添乗員の中には、「…って言ってもシンガポールの税関なんてぱぁぱぁじゃん!誰もチェックされてるのなんて見たことないから大丈夫じゃない?」という人がいるかもしれません。

私のお客さん去年、捕まりました!

そのお客さんは念入りに電子タバコを解体していろいろなことろに潜ませておいたんだけど、税関通ろうと思ったら、「X戦に荷物通しなさい!」と言われて前バレ…

電子タバコは没収、紙タバコ分はすべて課税。まだ罰金にならなかっただけましだったかもしれません。

もちろん、事前の案内では、「タバコ持ち込みについて」と別紙で注意喚起をしていましたから、旅行社には何のお咎めもありませんでしたが。

添乗員からの「大丈夫だと思いますよ」なんて絶対言ってはいけません。

ちなみに、たばこぐらいシンガポールで買えばいいのに、と思った人~?

1箱15S$ぐらいします。覚悟してください。

レストランでは全面禁煙。屋外であっても禁煙で店の外に行かなくてはいけません。

でもホテルは、全面禁煙化と思いきやいくつかのホテルでいくつか喫煙室を持ってますよ。

Fine City

いろいろと厳しいルールで有名なシンガポールですが、代表的な法律を言うと

  • 麻薬の所持、死刑
  • チューインガム持ち込むと罰金1万ドル
  • ごみのポイ捨てや唾吐きは罰金1000ドル
  • 地下鉄・バスでの飲食禁止

この法律は、外国人には適応されないでしょ?と思うかもしれないけど、適応されます。

そしてイスラムの法律も使ってたりしますから、今でもむち打ち刑があります。実際アメリカ人の少年が昔むち打ち刑にあっています。

そして、日本人が一番気を付けなくてはならないルール。それは

泥酔禁止

詳しくはこちらの記事

慰安旅行や招待旅行で訪れる機会が多い国ですからね、十分に説明しておきましょう。

ということで、FINEは罰金の意味ですよ。

Jet Quayは便利?

VIPのツアーだと利用を迷うのが、このJet quay. 簡単に言うとVIP専用ターミナル。

結論から言うと、ここを使うことによって時間が省略できるようになるわけではないです。(団体に限って言えば、個人なら早いのかもしれない)

入国も専用カウンターだし、荷物も取ってきてくれるのだから特別感は十分あると思う。ラウンジでゆっくり待ったりできるしね。

でも、視察予定が詰まってって何より時間が惜しい、早くイミグレ通り抜けたいと思うなら使わなくてもいいかも。

シンガポールのイミグレは意外と早く抜けれるし、荷物のところもそんなに混んでないしビジネスクラスで降りてくればあっという間にアライバルホールまで来れるかもね。(もちろん絶対じゃない)

でも、こういうサービスが好きな人もいるしね、お金さえ払えば使えます。

お客さんによっては利用を勧めたいサービスです。

良いところ

冒頭に話したように、一言で「これがいいから、ここを見たいからシンガポールへ」とはならないんだけど、行けば楽しいシンガポール。

マーライオンでは相変わらず、「手乗りマーライオン」写真を撮り、ラッフルズのロングバーでシンガポールスリングを飲み、チャイナタウンで飲茶を食べて、足つぼマッサージをしてもらって、プールで泳ぐ… 今ならフォトジェニックな場所を訪ねるのもいいのかも。

お気に入りの一枚

肉ドレスのバービー

火鍋

肉ドレスを脱がしながら鍋に入れていきます

ホテルは、マリーナベイサンズがやっぱり人気だけど、団体ではあんまり泊まりたくないよね。

なんせ融通が利かない、フロントはいつも混んでる、ツアーデスクを作れば自分のお客さん以外の人ばっかり質問に来るし、ちょっと大きな団体ならコンベンションセンターで朝食やパーティー(導線厄介)、マリーナ地区だから意外とオーチャードやチャイナタウンとか行きにくいしね。

でも人気だから仕方がない。カジノもあるし、プールもあるしショッピングセンターもあるし植物園とか近いし、光のショーも見れるし… あれ、いいところ多いな。笑

添乗員
添乗員

最近のお客さんは、ツアー中一泊だけMBSの予約を自分たちでとって泊まりに行く(プールに入りに行く)という人がいます。そんな人に一言アドバイス。

チェックインが激混みですごい時間がかかるから、WEBサイトで事前チェックインを済ましておきましょう。


物価は高いし、お酒はものすごく高し、何かするにはすぐお金がかかる。だから貧乏旅行には全然向かないんだけど、そこを覚悟していけばとっても楽しい街だね。

ということで今日の歌は、シンガポールと言えばこの人しかいない!

Dick lee 「shanananana」

ホントはディックリーが歌ってる「Singapura」が良かったけど、探せなかった。

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました