よもやま話

よもやま話

時代は変わる ツインベッドでなくてもいいんじゃない? Twin must

長らく疑いもなく信じてきたものが、時代とともに変わっていっていることに気づいてないかも。 日本人は夫婦でもツインベッド バスタブ付けでなければいけない もうそんなことないんじゃないかと思う今日この頃
よもやま話

添乗員のネタ話 橋 Bridge 橋を架けたらいいのに… クイズ付き quiz

アメリカの小話。 ある善い行いをした男のもとに神様がやってきて言いました。 「よい男よ、一つだけ願いを叶えてあげよう」 男はうーんと考えて答えました。 「ロサンゼルスからハワイまで橋をかけてください」 神様は...
よもやま話

添乗員のよもやま話 日本酒 Caipirinha カイピリーニャ カイピサケ caipisake

以前、ホノルルでおいしいカイピリーニャを飲むことができるという事で、教えてもらった「PINT + JIGGER」 残念ながらこの時世で閉店のようです。 (でもWebPageは生きてるので貼っておきます。) 私は、日本で新...
よもやま話

海外添乗員の基礎知識 ボランティア volunteer /ˌvɒlənˈtɪə/ 有償 無償

オリンピック関連のニュースで黙ってることのできないものがありました。 廃棄するなら僕らにくれ 仕事するうえで最も大事な食事。 ボランティアの皆さんにその食事さえ満足に与えてなかったなんて、恥ずかしいもいいとこです。 ...
よもやま話

添乗員の昔話 怖い人 優しい人 逆らってはいけない人 プロ professional

今は、どんな職業の人でも「偉ぶらない」というのがいいみたいです。 でも、ちゃんと怖い人はいます。 それは、偉そうにしてるとかそういう意味でなく本当に責任を負う人たち。 プロフェッショナルな人々の話です。 バスドライ...
よもやま話

添乗員の思い出話 人間模様 家族 お客さん family relationship

添乗員の仕事がなぜいるのか? それは旅行にはトラブルがつきもので、旅程管理をする人を付けないとなかなかうまく旅行が運ばないからです。 逆を言えば、旅行がスムーズに行くと100%決まっていれば添乗員はいらないとも言えます。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました